ネカフェ・友達の家

家出女性のほとんどは今ならまず、ネカフェや友達の家に転がり込むでしょう。お金もかからない友達の家に何日か泊めさせてもらうかもしれませんが、彼氏がいたり、生活時間がずれていたりすると、どうしてもお互い居心地が悪くなってしまいます。かと言って、ずっとネカフェにいられるほどお金はないでしょう。

マンガ喫茶でのネット難民

神待ちの掲示板に書き込みをする前に、家出少女がまず向かうのは、今ではマンガ喫茶が基本でしょう。くつろげる空間はあるし、飲みモノも食べ物もある。シャワーだって浴びれる。あるところにはネイルまでやってくれるサービスも。近くにコインランドリーさえ見つければ、全然暮らしていける。いわゆるちょっと前に流行ったネット難民というやつですね。

親などに干渉されず、気ままには暮らしていけますが、確実にお金は続きませんね。1人暮らしをするよりもよっぽどお金がかかるでしょう。

友人の家に転がり込む

何日かマンガ喫茶で過ごす間に、近くに友人がいれば、なんとか泊めてもらえるように連絡するでしょう。初めはお互いイベント的にお泊まりを楽しめるでしょう。でも数日もすると、部屋をシェアしたことがない人にとっては、どんどんストレスがたまってきます。自分が仕事や学校に行っている間も部屋でゴロゴロ、帰ってきても、別に掃除や食事の用意が出来てるわけでもない。。。しかも彼氏がいるなら、なおさら数日以上は無理でしょう。

そんな風にネカフェや友人宅を転々としながら、なんとかしようとサイトで神待ちの掲示板を見つけるわけです。なので、出来れば今すぐにでも会える人、という募集が多くなるわけです。